中華料理はこってり系の味付けで具沢山にしています

私は中華料理は、具沢山にして、なおかつこってり系の味付けにするようにしています。
たとえば味噌ラーメンですが、単にスープに茹でた麺を入れるだけではなく、最初にたっぷりの具材を用意します。たいていは、モヤシとキャベツとコーンとを多めのごま油と塩コショウで炒めて、市販のチャーシューとメンマと一緒に麺に乗せるのです。麺が見えなくなるくらい、どっさりと乗せます。そして最後に仕上げとして、バターを乗せるのです。
麻婆豆腐にも、ひき肉やネギはもちろん、刻んだ白菜またはチンゲン菜、さらにピーマンやベビーコーンや細タケノコを加えます。そしてやはり仕上げには、バターをスプーン1杯ほど乗せます。
中華料理の味噌はもともとこってりとした風味ですし、そこにバターが加わることで、一層こってり系の料理になります。しかも味噌の辛さがバターの甘みでマイルドになることで食べやすくなり、たっぷりと食べることができるのです。
他におかずがなくても満腹になりますし、なおかつ野菜がたっぷり入っているのでヘルシーですし、とても気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です