夏の自炊にあっさり系煮物

煮物と言われて思い浮かぶ料理といえば、肉じゃがや白菜の煮物、大根の煮物など、根菜や冬野菜をコトコト煮込んだ温かいものばかり。なので、煮物といえば秋から冬にかけての料理という印象を持っている人も多いと思います。でも、夏にぴったりの煮物だってあるんです。特に自炊の人は、暑いからあっさり系の食事ということでサラダやそうめんばかりというケースも多いかと思いますが、そんなことでは暑い季節を健康に乗り越えることはできません。自炊だからこそできる栄養たっぷりの煮物で、夏バテ知らずの毎日を過ごしましょう。煮物に使うのはキュウリや茄子、オクラなどの夏野菜。漬物やサラダでばかり食べていないで、薄味の和風だしでコトコト煮込んでみてください。きゅうりなら、箸で簡単に切れるほど柔らかく煮込みます。干しエビを一緒に煮込んでもいいですね。柔らかく煮えたら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。キンキンに冷えたら出来上がり。油を使わないのであっさり系に仕上がりますし、嵩が減るので野菜もたっぷり摂れます。エビや鶏のささみなど、冷やしても美味しい動物性たんぱく質を一緒に煮ると、なお栄養価がアップします。厳しい夏を乗り切るために是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です