夏の自炊にあっさり系煮物

煮物と言われて思い浮かぶ料理といえば、肉じゃがや白菜の煮物、大根の煮物など、根菜や冬野菜をコトコト煮込んだ温かいものばかり。なので、煮物といえば秋から冬にかけての料理という印象を持っている人も多いと思います。でも、夏にぴったりの煮物だってあるんです。特に自炊の人は、暑いからあっさり系の食事ということでサラダやそうめんばかりというケースも多いかと思いますが、そんなことでは暑い季節を健康に乗り越えることはできません。自炊だからこそできる栄養たっぷりの煮物で、夏バテ知らずの毎日を過ごしましょう。煮物に使うのはキュウリや茄子、オクラなどの夏野菜。漬物やサラダでばかり食べていないで、薄味の和風だしでコトコト煮込んでみてください。きゅうりなら、箸で簡単に切れるほど柔らかく煮込みます。干しエビを一緒に煮込んでもいいですね。柔らかく煮えたら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。キンキンに冷えたら出来上がり。油を使わないのであっさり系に仕上がりますし、嵩が減るので野菜もたっぷり摂れます。エビや鶏のささみなど、冷やしても美味しい動物性たんぱく質を一緒に煮ると、なお栄養価がアップします。厳しい夏を乗り切るために是非お試しください。

夏におすすめの自炊料理について

夏場におすすめの料理についての記述を行います。
夏は気温や湿度の上昇から体力低下や食欲の不振などの発生する時期とも言われています。この時期を乗り切る為におすすめしたいのが自炊での料理です。自炊を行うことで自分の好みの料理を好みのテイストで作り上げることが可能だからです。食欲不振時でも好物は食べやすく、疲労の回復に役立つケースが多いです。
また酢やレモンなどのクエン酸は疲労回復に役立ちます。こういった調味料を使用することでさっぱりと食事を取ることが出来る上に塩分を控えることが出来ます。
外食や惣菜などで補うことが出来ない栄養を取ることでバランス良く、健康的な生活を行うことが可能です。また暑い時期の調理が難しい場合などには炊飯器や電子レンジなどを使用すると簡単です。
シリコンスチーマーなどはシリコンでできたケースの中に必要な具材や調味料をいれ、電子レンジで加熱します。レシピも多く紹介され、特集された本も発行されています。火を使う必要がなく、少人数用の調理も可能です。スチーマーがない場合も、耐熱皿やクッキングシートなどを使用することで調理が可能です。インターネットなどでもレシピ検索が可能です。
保温調理器具や圧力鍋なども火を使う時間が少なく済むアイテムです。時間のかかる煮込み料理などはこういったアイテムを使用すると簡単です。
食材が傷みやすい時期でもあるので冷凍もおすすめです。冷凍を活用することで時間も材料も無駄なく使用することができます。