家庭ならではの冷やし中華

日本の夏の風物詩とも言えるのが冷やし中華と呼ばれる食であり、中華料理店をはじめ、近年では手軽にコンビニなどでも提供されている中華麺を利用した麺料理です。家庭でも手作りされる機会が増えており、その土地によって味や見た目も様々に調理されており、タレや具にも一定した決まりが無いため、家庭の手作りならではの美味しさを味わうことが可能です。例えば、タレにはスタンダードな醤油ベースとゴマベースの2種類があるものの、醤油に酢やレモン汁などを加えてさっぱりした味に仕上げたり、ゴマベースにラー油などで食欲を増進させる辛みを足すなど様々です。また麺の上にトッピングする具材も、盛り付けの彩りを意識した黄色・緑・赤などのカラフルさを意識している家庭が多いものの、冷蔵庫の余り物で作るケースも増えています。スタンダードな具材としては、錦糸卵をはじめ、キュウリやトマトなどの夏野菜、その他にも食感を楽しむためのキクラゲやクラゲやもやし、スタミナ食材のチャーシューやハムなどを具材としてトッピングします。また近年では、ご当地ならではの味として、冷やし中華にマヨネーズをトッピングするケースが増えており、深いコクがさっぱりしたタレと馴染み、ひと味旨味がプラスされたり味変として投入する家庭も増えています。栄養面でも野菜・肉類・海藻などバランスが整っており、老若男女問わずに親しまれている夏らしい味わいの料理で、麺も具材もタレもキンキンに冷やして仕上げる料理となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です