家庭で簡単に作れる冷やし中華

夏になると暑い日に冷やし中華が食べたくなります。
子供にも人気のメニューですし、キュウリ、ハム、卵などトッピング次第ではバランスの取れた食事にもなります。
冷やし中華の良いところは簡単に作れるところではないでしょうか。
市販のものはたれも付いて簡単で美味しく便利ですし、たれは家庭で手作りするのも良いですね。
たれは中華やごまだれが一般的ですが、梅味、洋風などアレンジしてみるのもよいかもしれません。
醤油だれであれば、一般家庭にある調味料で簡単に作れてしまいます。
冷やし中華はトッピング次第で華やかになるので、乗せる具材を豪華にすればおもてなし料理としても活躍できます。エビを乗せたり、色のバランスを考えて素敵に盛り付けをすれば子供連れのちょっとしたパーティや急な来客時にもよいのではないでしょうか。
飲食店で食べるプロの冷やし中華も美味しいですが、それぞれの家庭でアレンジしたものも家庭の味として美味しいものです。時間もかからずに簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

濃い目の味付けの中華料理で焦げ付きによる失敗を防ぐために

中華料理には、高温を使って調理するものが多いです。そのため中華料理店のキッチンの火力は、一般家庭のキッチンの火力より、かなり高めになっています。
そのため我が家でも中華料理を作る時には、高温にするため最初に鍋を空焼きするようにしています。鍋に何も入れていない状態で、強火にかけるのです。だいたい1~2分ほどですが、これにより鍋の内側や表面などに付着している水分はもちろん油も、完全に熱で飛ばされます。この状態で油をしいて具材を入れれば、本場に近い火力で調理ができるのです。
またこの方法だと、具材や調味料が焦げて鍋に付着するという失敗も防がれやすくなります。中華料理は豆板醤などで濃い目の味付けにすることが多く、それが魅力なのですが、濃い目にすることで焦げ付きが生じてしまうことがあります。すると風味が悪くなる上、鍋を洗う手間も多くかかるようになります。
しかし上記の方法でカラッと高温にした鍋で調理すれば、失敗しにくくなります。おいしく仕上げることができる上、洗い物の手間も少なめになるのです。

中華料理はこってり系の味付けで具沢山にしています

私は中華料理は、具沢山にして、なおかつこってり系の味付けにするようにしています。
たとえば味噌ラーメンですが、単にスープに茹でた麺を入れるだけではなく、最初にたっぷりの具材を用意します。たいていは、モヤシとキャベツとコーンとを多めのごま油と塩コショウで炒めて、市販のチャーシューとメンマと一緒に麺に乗せるのです。麺が見えなくなるくらい、どっさりと乗せます。そして最後に仕上げとして、バターを乗せるのです。
麻婆豆腐にも、ひき肉やネギはもちろん、刻んだ白菜またはチンゲン菜、さらにピーマンやベビーコーンや細タケノコを加えます。そしてやはり仕上げには、バターをスプーン1杯ほど乗せます。
中華料理の味噌はもともとこってりとした風味ですし、そこにバターが加わることで、一層こってり系の料理になります。しかも味噌の辛さがバターの甘みでマイルドになることで食べやすくなり、たっぷりと食べることができるのです。
他におかずがなくても満腹になりますし、なおかつ野菜がたっぷり入っているのでヘルシーですし、とても気に入っています。

夏の自炊にあっさり系煮物

煮物と言われて思い浮かぶ料理といえば、肉じゃがや白菜の煮物、大根の煮物など、根菜や冬野菜をコトコト煮込んだ温かいものばかり。なので、煮物といえば秋から冬にかけての料理という印象を持っている人も多いと思います。でも、夏にぴったりの煮物だってあるんです。特に自炊の人は、暑いからあっさり系の食事ということでサラダやそうめんばかりというケースも多いかと思いますが、そんなことでは暑い季節を健康に乗り越えることはできません。自炊だからこそできる栄養たっぷりの煮物で、夏バテ知らずの毎日を過ごしましょう。煮物に使うのはキュウリや茄子、オクラなどの夏野菜。漬物やサラダでばかり食べていないで、薄味の和風だしでコトコト煮込んでみてください。きゅうりなら、箸で簡単に切れるほど柔らかく煮込みます。干しエビを一緒に煮込んでもいいですね。柔らかく煮えたら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。キンキンに冷えたら出来上がり。油を使わないのであっさり系に仕上がりますし、嵩が減るので野菜もたっぷり摂れます。エビや鶏のささみなど、冷やしても美味しい動物性たんぱく質を一緒に煮ると、なお栄養価がアップします。厳しい夏を乗り切るために是非お試しください。

家庭ならではの冷やし中華

日本の夏の風物詩とも言えるのが冷やし中華と呼ばれる食であり、中華料理店をはじめ、近年では手軽にコンビニなどでも提供されている中華麺を利用した麺料理です。家庭でも手作りされる機会が増えており、その土地によって味や見た目も様々に調理されており、タレや具にも一定した決まりが無いため、家庭の手作りならではの美味しさを味わうことが可能です。例えば、タレにはスタンダードな醤油ベースとゴマベースの2種類があるものの、醤油に酢やレモン汁などを加えてさっぱりした味に仕上げたり、ゴマベースにラー油などで食欲を増進させる辛みを足すなど様々です。また麺の上にトッピングする具材も、盛り付けの彩りを意識した黄色・緑・赤などのカラフルさを意識している家庭が多いものの、冷蔵庫の余り物で作るケースも増えています。スタンダードな具材としては、錦糸卵をはじめ、キュウリやトマトなどの夏野菜、その他にも食感を楽しむためのキクラゲやクラゲやもやし、スタミナ食材のチャーシューやハムなどを具材としてトッピングします。また近年では、ご当地ならではの味として、冷やし中華にマヨネーズをトッピングするケースが増えており、深いコクがさっぱりしたタレと馴染み、ひと味旨味がプラスされたり味変として投入する家庭も増えています。栄養面でも野菜・肉類・海藻などバランスが整っており、老若男女問わずに親しまれている夏らしい味わいの料理で、麺も具材もタレもキンキンに冷やして仕上げる料理となります。

失敗しがちな中華料理のポイント

ちょっと敷居の高い料理と言われているのが中華であり、家庭においても手作りするケースは多いものの、誰もが一度は失敗してしまうのも実情として挙げられています。失敗しがちなポイントを踏まえることで、プロ並みの味わいに導くことが可能です。中華料理を作る場合には鉄鍋を利用することが一般的です。強火でサッと仕上げる料理が多く、火力が強いために耐久性や熱伝導率などから鉄鍋が利用されていますが、失敗談としては鍋を焦がしてしまう、あるいは食材が鍋にくっついてしまうなどを挙げることができます。鉄鍋での調理のポイントとなるのが空焼きにあり、良く鍋を熱することで焦げやくっつきを防ぐことができるため、強火で煙が出てくるまで熱し、油を全体に回してから食材を投入します。また、中華料理の定番となるのが炒飯ですが、手軽に作れるのに失敗するケースも増えています。例えば、お米同士が固まってプロのようにパラパラにならない・調味しても味が付かない・黄金色にならないなどが挙げられていますが、パラパラした炒飯に仕上げるには火加減は強火のままで一気に炒めることが重要であり、プロの場合にはお米一粒一粒に油でコーティングしたり、食材を空中で返す技を持っているためにパラパラした仕上がりになります。家庭で同じように作るには、ご飯は冷やご飯ではなく温かいご飯を用いり、事前に調味をし、溶き卵を合わせてから炒める一工夫で卵がコーティングの役割を果たし、黄金色にも仕上げることが可能です。

味わいにバリエーションがある中華料理

多彩な技法を持ち、味にもバラエティーさがあるのが世界三大料理の1つにも挙げられている中華で、日本においても専門店が多く展開されていたり、日常的に食されている料理の1つでもあります。家庭でも本格的な味わいのレトルト製品をはじめ、レシピなどが提供されているために手作りするケースは増加しています。中華の定義としては温かい物を提供するために火力に強い鉄鍋となる中華鍋を使用し、ラードやごま油などを多用した油系と言われるチャオ・バオなどの炒め物が目立っています。主に炒める・煮る・蒸すなどの調理法で展開されており、どの調理法にも鉄鍋が利用されています。中華料理と一口に言っても4つの味わいに分けることができ、味が濃い・薄い・辛い・甘いに分けられています。例えば、濃い肉味噌が特徴のジャージャー麺や食材の味を引き立てるフカヒレスープ、唐辛子などの香辛料を加えた麻婆豆腐、甘味のある白菜やとろみが特徴の八宝菜など、多彩な味の料理が挙げられます。食材や調味料も手軽に揃えられるために家庭でも作られているほど普及しています。また小麦粉を利用することも多く、麺では日本でも人気のラーメンをはじめ、担々麺やジャージャー麺、さらに食材を包むための皮としての利用も行われています。塩と小麦と水のみで仕上げる餃子や肉まん、小籠包や焼売なども挙げることができ、味わいや食材もアジアならではであるため、日本人の舌にも馴染みやすい魅力もあります。

夏におすすめの自炊料理について

夏場におすすめの料理についての記述を行います。
夏は気温や湿度の上昇から体力低下や食欲の不振などの発生する時期とも言われています。この時期を乗り切る為におすすめしたいのが自炊での料理です。自炊を行うことで自分の好みの料理を好みのテイストで作り上げることが可能だからです。食欲不振時でも好物は食べやすく、疲労の回復に役立つケースが多いです。
また酢やレモンなどのクエン酸は疲労回復に役立ちます。こういった調味料を使用することでさっぱりと食事を取ることが出来る上に塩分を控えることが出来ます。
外食や惣菜などで補うことが出来ない栄養を取ることでバランス良く、健康的な生活を行うことが可能です。また暑い時期の調理が難しい場合などには炊飯器や電子レンジなどを使用すると簡単です。
シリコンスチーマーなどはシリコンでできたケースの中に必要な具材や調味料をいれ、電子レンジで加熱します。レシピも多く紹介され、特集された本も発行されています。火を使う必要がなく、少人数用の調理も可能です。スチーマーがない場合も、耐熱皿やクッキングシートなどを使用することで調理が可能です。インターネットなどでもレシピ検索が可能です。
保温調理器具や圧力鍋なども火を使う時間が少なく済むアイテムです。時間のかかる煮込み料理などはこういったアイテムを使用すると簡単です。
食材が傷みやすい時期でもあるので冷凍もおすすめです。冷凍を活用することで時間も材料も無駄なく使用することができます。